桃の仕込み

  • 2016.08.10 Wednesday
  • 01:32

桃の仕込みです!

白鳳から清水白桃へと連続の仕込みです。

40kgの白桃から40Lの果汁を絞り切ります。
麦汁とあわせて炊き込むと、甘く薫りたつ桃の香りが立ち込めて行きます。
早稲の花嫁桃のビールはすでにあがっております。
次々と登場するおかやまの香りをお楽しみ下さい。

160721_0902~01.jpg

160721_0941~01.jpg

160804_0901~02.jpg

仕込みの日の朝に

  • 2016.05.13 Friday
  • 08:15
久々の仕込みのお知らせです。
イベントと仕込み、樽詰め、洗いと、うちのエースの休憩により老体にむち打ちながらの日々です。
今日は人気の津山産生姜のエール、更に絞りに奮闘しながらの大森農園さんの香り立つ苺の仕込みです。
どちらも香り高く、吉備土手下麦酒の表通りまで香ります。
特に苺は甘酸っぱく唾液が溢れるくらいに香ります。
大森農園さんの苺のエール1ヶ月後をお楽しみに!
一部では苺は熟成が長いほうが旨いと!(たのたの庵庵主の言)当たっているかも?だからたのたの庵では1ヶ月後ではまだ呑めません!
出頃は庵主まで

さて、仕込みを終えて明石へ向かっています。
明石麦酒工房「時」の店だけの先行オープンです。
暫くは吉備土手下麦酒や仲間のビールで営業されます。
そして、明石ビール工房発のビールが遠からず醸されます!
神戸に続いて明石の開業です。
ますます、近畿が楽しくなります。
是非、遊びにいらして下さい。



160512_0542~01 (1).jpg
160512_0543~01.jpg
160512_0911~01.jpg
160512_1041~01.jpg

仕込みに日の朝に

  • 2016.03.10 Thursday
  • 10:03
はるな二条HKI 栃木でお世話になり製麦した「はるな二条」の仕込みです。
やっとここまでたどり着きました。
岡山で育った麦が麦芽となり、岡山で麦酒となります。
念願の仕込みです。
「大原奨農会麦酒」として再度登場致します。
ありがとうございます。
是非、1ヶ月後にお召し上がりください。

今日、上山集落の皆さんにお願いをして参りました。
「はるな二条HKI」の作付です。
ご縁が繋がり広がることに感謝致します。

ありがとうございます。

s160225_0703~01.jpg
s160309_0951~01.jpg
s160309_0952~01.jpg
s160310_1152~01.jpg

おはようございます。

  • 2016.02.06 Saturday
  • 10:54
焙煎終了まで後3時間です。
焙煎温度67℃
湿度も7,5%まで下がりました。
順調かと思います。
宇都宮を離れ羽田空港から沖縄市へと向かいます。
ロマンチック村皆さん本当にお世話になりました。
感謝の一言です。
必ず国産麦で醸す!
そう誓う帰り道です。


s160206_0817~02.jpg

s160206_0817~01.jpg

s160205_1750~02.jpg
 

乾燥開始

  • 2016.02.04 Thursday
  • 15:12
おはようございます。
製麦6日の朝です。

洗いから浸水48h 発芽93h
通常は96hですが麦の中に発芽が進み過ぎ殻から突き抜けているものがあり、少し早めの乾燥となりました。

s160204_0851~01.jpgs160204_0855~01.jpg
 

東松島のほ場です

  • 2016.02.03 Wednesday
  • 15:07
はるな二条HKIが寒さに耐え、春を待ちます。
被災地は随分変わっただろう!との自分の思いはキッパリと打ち消されました。
何も進んではいない・・
せめて自分に出来ること、被災地で育った塩害に強い麦を使ってビールを造り続けたい!と思いました。
仙台から東松島そして古川の農業試験場にお邪魔し、やくらいビールさんをお訪ねし、復興エールと初出合い!
とんぼ返りで製麦へ
少し時間はかかっていますが芽はのびています。
外にのびているのは根っこで皮の中を根っこと同じ場所からのびてゆきます。
後少しで乾燥へとかかります。


s160201_1009~03.jpg


s160201_1241~02.jpg


s160202_1732~01.jpg

s160202_1733~01.jpg
 

製麦3日目

  • 2016.02.01 Monday
  • 00:40
おはようございます。
浸水三日目48時間です。
当初の麦の水分量11%からおよそ39%まで上がりました。
当初100gが145gです。
最終153gが水分量42%の目標なので後5時間ばかり必要な計算となります。
昼過ぎから水を抜きドラムをゆっくりと回転させて製麦モードに入ります。
水は既に麦が吸った水分のみとなり、発芽熱が上がり過ぎないようにチラーを設定し、下部配管からファンにて炭酸ガスを抜きながら経過観察となります。
少しだけですが理屈が理解でき始めました。
またレポート致します。

s160131_0818~01.jpg

s160131_0821~01.jpg

s160131_0822~01.jpg
 

製麦2日目

  • 2016.01.30 Saturday
  • 23:58
宇都宮はすっかり雪です。
s160130_0651~02.jpg
一夜明けると、水が濁りかなり臭い臭いがします。
二条麦に着いたバクテリヤによるもので、再び洗い、オーバーフローさせて水を下から抜き、シャワーで上から洗い流し再び新しい水を注入し、下からブローして洗います。
水が澄むまで繰り返します。

ロマンチック村の醸造家 嶋田さんにお世話になり、教えていただきながらの二日目です。
s160130_0821~02.jpg

s160130_0821~03.jpg

s160130_0839~01.jpg

s160130_0845~01.jpg
 

キウイの仕込み

  • 2016.01.30 Saturday
  • 00:55
製麦に出発の日、早朝に勝浦さんのキウイの仕込みです。
毎年、好評頂きます。
キウイの酸味は仕上がる頃には素晴らしいまろかやな酸味へと変化致します。
最終仕上がりのカラーもうす濁りの綺麗さです。
1ヶ月後をお楽しみに!
只今、久米南町の柚子と日生の島檸檬発売中です。
s160126_1423~01.jpg

s160128_0842~01.jpg

s160128_0842~03.jpg

s160128_1231~01.jpg
 

製麦

  • 2016.01.29 Friday
  • 12:07

 いよいよ栃木で製麦のスタートです。

麦を水に浸けて下からエアーを入れて洗います。
水をオバーフローさせて灰汁を流して排水
これを水の濁りがなくなるまで繰り返します。
また、続きはレポートします。
栃木は寒いです。

s160129_0843~01.jpg

s160129_0844~01.jpg

s160129_0945~01.jpg

s160129_1118~01.jpg

Check

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM